工大生のメモ帳

読書感想その他もろもろ

MENU

文学フリマに出ます①

【前:無】【1回目:こ こ】【次:

 [:contents]

始めに

初めまして、『工大生のメモ帳』の管理をしている者です。暑い夏も終わり、着る服に困る季節となりました。皆さんは、いかがお過ごしでしょうか。

そんな昨今、管理人は『文学フリマ』というイベントにぼっち……いえ、ではなく個人で参加することとなりました。日本語って難しいですね。

まずは、『文学フリマ』とは何ぞや? という方に簡単な説明をしておきましょう。

文学フリマって? 

文学フリマのHP(文学フリマ | 小説・評論・詩歌 etc.の同人/商業作品展示即売イベント)では文学作品展示即売会と説明されています。つまりは小説や評論、詩歌といった文学作品を冊子としてまとめ売買するフリーマーケットということですね。

自分が参加いたします『第5回文学フリマ福岡』は、

日 程:10月20日

時 間:11:00~16:00

場 所:福岡市天神『エルガーラホール』

にて開催。自分のブースと名前、そして販売する冊子の値段は、

ブース:いー17

名 前:クロス

作 品:カミサマの殺し方

値 段:100円

クロスはペンネームですね。「なんでこんなペンネーム付けたの?」と良く聞かれますが、ペンネームってそんな深く考えるものじゃないですよね。

……え? 考える?

……まぁ、いいです。自分は適当なので。このブログの名前もかなり適当ですし。

過去にはとある団体で参加させて頂いていたのですが、この度は個人で参加しようと血迷ってしまいました。編集、入稿、入金、執筆に至るその全てを一人で行うというのは中々に大変な作業でしたが、無事に一つの冊子が完成。長い長い戦いでした。

何を書いたの?

途中までカクヨムに書いてあげていますので、読んで見て下さい。ざっくりとまとめると『平凡な男子高校生が世界を救う話』です。途中からは少しグロ注意です。見所その他の詳しくは来週の記事にまとめるつもりなので、少々お待ち下さい。

『文学フリマ』で販売する冊子は11万字いくかいかないかくらいですが、カクヨムでは7万5000字まで掲載しております。「そこまで載せて大丈夫なのか?」という声が上がるかもしれません。

……しかし、目の肥えた方々は無名な男の作品を買ってくれるのでしょうか。まずは途中まで読ませて、「先が気になる!」と思わせた方が賢いのでは、と判断しました。その結果売上がどうなるかは分かりません。

元より赤字覚悟です。全部売り切れたとしても大赤字なのですからダメージは少ないのでご安心を。また、後日『BOOK☆WALKER(同人誌・個人出版の電子書籍無料試し読みならBOOK☆WALKER)』の方にも出すつもりです。個人で自由に出版できるとは、良い時代になりました。

来週は、書いた作品の紹介を、いつも通りの書き方とノリでがっつりと書くつもりなのでお楽しみに。

最後に1P目をチラ見せ。

f:id:TOkuro:20191005232342p:plain

ちなみに

……まぁ、こんなもんですよ。1P目は。

【前:無】【1回目:こ こ】【次:
作品の探し方

www.kurobook.net

www.kurobook.net

ブログランキングに参加しています。
下のボタンを押していただけると、ブログ主が喜びます。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

Twitterにてブログの更新情報は確認できます。