工大生のメモ帳

読書感想その他もろもろ

ワールドエネミー2 不死殺しの王と王殺しの獣 感想

※ネタバレをしないように書いています。

※これまでのネタバレを含みます(一巻の感想はこちら→ワールドエネミー 不死者の少女と不死殺しの王 感想 - 九工大生のメモ帳

私たちは何と闘っていたのでしょう。

情報

作者:細音 啓

イラスト:ふゆの春秋

ざっくりとあらすじ

とある村の周辺で屍鬼が大量発生。その騒動の裏には、大敵(アークエネミー)がいるのではないかと予想をつけた ”ノア” 

その大敵(アークエネミー)の名は『王殺しの獣』ヴァラヴォルフ・S

エルザとシルヴィ・クリアネットと共に、大敵を探すため村に乗り込む。

感想などなど

この話のメインはあらすじに示したとおりであるが、最初の100Pほどは女王ヴィクトリアとノアとの出会いが描かれている。

この時登場する大敵の名は『獣の魔術師』ユンメルンゲン

この圧倒的な強者感。読みながら「この巻の敵はこいつなのかな」と思っていたが、実際は違った。

まぁ、今後絶対何かしらの形で関わってくるのだろう。

 

さて、メインあらすじで示したヴァラヴォルフについて説明しよう。

この大敵の特徴もとい武器は『人に化ける』だ。

これまで200年もの長い間、今まで変化がばれたことはなく、数多くの王家を滅ぼしてきた。

要は見つからないのだ。

エルザは最強とも言える大敵の一体(が憑依している姿)だ。その彼女ですら、大敵の存在を感知できずにいた。

もはや人間のコミュニティに完璧なまでに溶け込んでいる。前巻最期の戦いで圧倒的な強さを誇っていたノアも、まず見つけられないことに始まらない。

しかし、読者には正体が比較的早く示されている。

短くはあるが、大敵の視点も入って物語は進行する。

 

アクションシーンは相変わらずかっこいいし、前巻を読んだ人だったら分かってもらえると思う。しかし、今回はそれだけではない。

ヴァラヴォルフは最期何を考えていたのか。

人と大敵。その関係性を考えさせられる物語だった。

ワールドエネミー2 不死殺しの王と王殺しの獣 (Novel 0)

ワールドエネミー2 不死殺しの王と王殺しの獣 (Novel 0)