工大生のメモ帳

読書感想その他もろもろ

ガンゲイル・オンラインⅥ ワン・サマー・デイ 感想

※ネタバレをしないように書いています。

※これまでのネタバレを含みます(一巻の感想はこちら→ガンゲイル・オンラインⅠ スクワッド・ジャム

一夏の死闘

情報

作者:時雨沢恵一

イラスト:黒星紅白

監修:川原礫

ざっくりあらすじ

第三回スクワッド・ジャムの死闘から約一ヶ月が経った。

そんなある日。全国に散らばるSJメンバーの元に一通のメールが届く。それは歴代上位胃入賞チームのみが参加できる新ゲーム、 "20260816テストプレイ" への招待状だった。

GGOの運営会社からの依頼で開催される趣旨の全く異なったゲームで、最新のAIが搭載されたNPCが防衛する拠点を攻略するというものだった。

SHINCとの約束のために参加を決意するレン。

彼女はゲームで目撃するNPCの脅威とは・・・・・・

感想などなど

今までSJを舞台にしたガンアクションだったのが一転。今回は "20260816テストプレイ" という新しいゲームが舞台になります。

ルールは至ってシンプル。NPCが守る拠点を攻めるというもの。今までSJで圧倒的強さを見せつけてくれたレン達なら、楽勝だろう・・・・・・と思ってしまうのは無理もありません。

敵はあくまで最新のAIの搭載されたNPC。今まで数多くの死線をくぐり抜けてきたレン達にとって敵ではない・・・・・・

と思っている時期が俺にもありました。

相手はただのNPCではありません。最新のNPCが搭載されたNPDCなのです。

簡単に説明すると「戦場で相手に合わせて成長し、作戦を考える」というもの。

機動力やAIM力、作戦の実行能力はもはや人のそれであり、むしろSJ上位常連のレン達をも凌駕するもでした。

 

さて相変わらずレンも何かしたの理由を見つけて参加します。今回は「SHINCと闘う」というものです。何せ前回は闘うつもりだったリーダーが味方になったり、色々ありましたからね。「今回こそは・・・・・・!」という意思の元、つまり全くゲームのNPCと闘うつもりなく参加しました。

他の常連メンバー、SHINCやMMTMも参加していますが、正直息抜き程度にしか思っていないようで。「所詮AI、所詮NPC」の考えが透けて見えます。

しかし拠点に向かったレン達はスナイプで死に、マシンガンの雨で死に、近づく手段もままならないままタイムリミットだけが刻一刻と近づいてきます。

さて今まで敵同士だったSJ常連達。拠点に一番早くたどり着いたチームに、与えられるという報酬を手に入れられるのは一体どのチームなのか。

いや、まずその前に突破できるのか?

 

今回注目すべきはガンアクションだけではありません。

敵として現れるNPCは圧倒的強さを誇ります。レン一人で突っ込んだところで蜂の巣にされるのがオチでしょう。

その強さの秘訣とは一体なんなのでしょう。最新のAI? まぁ、確かにそのようにゲームの説明には書かれています。

所々敵であるNPC側らしき視点で物語が描かれます。それを見る限りどうしても彼らがただのNPCにはどうしても思えなくなります。

レン達側の視点から拠点は難攻不落の城のように見えることでしょう。しかし同様にSJ最強メンバーから責め立てられるNPC側から、レン達はどのように見えているのでしょうか。

撃ち殺したと思ったら復活。どんなに防衛を固めてもその間を縫ってこようと策を巡らせてきて、息をつく暇もなく、常に神経を張り巡らせておかないといけない緊張感。

彼らにとってそれが現実なのでした。

 

今までとは少し変わった内容ですが、相変わらず読み応え抜群のガンアクションは顕在です。最後は驚くこと間違いなし。

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインVI ―ワン・サマー・デイ― (電撃文庫)

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインVI ―ワン・サマー・デイ― (電撃文庫)

 

 ↓次巻の感想はこちら

www.kurobook.net