工大生のメモ帳

読書感想その他もろもろ

【2022春】アニメ化ラノベ一覧

【前:2022冬】【2022冬】【次:2022春】
アニメ化リスト

2022冬アニメは漫画原作の作品が豊作だった印象です。さて、2022春は……?

 

 

乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です

公式サイト:「乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です」 

公式Twitter:「乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です」

ダンジョンRPGから戦略シミュレーションまでできる乙女ゲームの世界に飛ばされた元社会人のリオンが、ゲームの知識を駆使して平穏な生活を目指していく物語。彼が飛ばされたゲーム世界は恐ろしいまでに女尊男卑で、このままでは奴隷のようにこき使われて死ぬ未来しかないというところまで追い詰められてからが物語としては本番である。個人的にアニメ1話でどのように展開させてくれるのかが楽しみだったりする。

また、乙女ゲームでは主人公と攻略対象の関係が上手くいかなかった場合は世界が滅びるので、その辺りモブとしてどう立ち回り、世界が存続するようにするのかも重要になってくる。せめてゲームのエンディングまでアニメでやってくれることを期待しているが、全て詰め込もうとすると尺が足りなくなるので、脚本の腕の見せ所ではないだろうか。

一巻の感想:乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です1

 

骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中

公式サイト:「骸骨騎士様、ただいま異世界へお出かけ中」

公式Twitter:「骸骨騎士様、ただいま異世界へお出かけ中」

オンラインゲームの世界に、自身のゲームキャラクターであるアークの姿と能力で転移してしまうが、やりこんでいたが故に特に困ることもなく過ごすことができていた。しかし、甲冑の中身が骸骨であるため不用意に姿をさらすことはできない。それでも気ままに過ごす骸骨騎士の日常。

一巻の感想:骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中Ⅰ

 

史上最強の大魔王、村人Aに転生する

公式サイト:「史上最強の大魔王、村人Aに転生する」

公式Twitter:「史上最強の大魔王、村人Aに転生する」

魔王ヴァルヴァトスは平凡な生活に憧れて、遠い未来の平凡な村人に転生する。そして友人と共に魔法学校に入学するも、自身の能力はその世界では平凡とは程遠い強い力を持っていた。彼は自分が生きていた頃――つまり魔法全盛期だった頃の平均的な実力だったのだ。

 

処刑少女の生きる道(バージンロード)

公式サイト:「処刑少女の生きる道」

公式Twitter:「処刑少女の生きる道」

日本から特別な能力を持った人間が転移してくる世界を舞台に、異世界人視点の異世界転移物の作品。日本から来た異世界人のことを『迷い人』と呼び、彼・彼女らが持っている特別な能力『純粋概念』を危険視した第一身分達は、『迷い人』を殺すことを生業とする処刑人を育成した。

そんな処刑人の一人・メノウは、召喚された『迷い人』である女子高生アカリを殺そうとするも、彼女の持っていた純粋概念【時】により、死んでも時を戻して復活してしまうアカリを殺せずにいた。そんな彼女を殺すことができる唯一の場所に、彼女を連れて旅をすることになる……という物語。

ここまで長々と書いたが、この作品は作り込まれた世界観、歴史、身分制度、純粋概念と呼ばれる魔法のような特別な技術といった説明が多く、それらを理解・整理していくことが大事になってくる(上記のあらすじにも固有名詞をたくさん使ってしまった、申し訳ない)。巻を読み進めるごとに明かされる歴史の真実や、純粋概念の仕組みも多く、アニメ化する範囲によっては「???」で終わることもあるのではと危惧している。原作では大抵の諸問題は解明されているので、アニメで気になった方は、小説を読むことをおすすめする。

一巻の感想:処刑少女の生きる道 ―そして、彼女は甦る―

 

盾の勇者の成り上がり

公式サイト:「盾の勇者の成り上がり」

公式Twitter:「盾の勇者の成り上がり」

魔物が大量に吹き出る波と呼ばれる現象に対抗するため、四人の勇者が召喚された。その内の一人・盾の勇者として召喚され岩谷尚文は、攻撃ができない不人気さから来る迫害や裏切りにあい、異世界の人々に絶望しながらも懸命に戦い成り上がっていく物語。一期は好評で終わり、無事に二期も放映される運びとなった。

 

デート・ア・ライブ

公式サイト:「デート・ア・ライブ」

公式Twitter:「デート・ア・ライブ」

突如として現れては大災害・空間震を起こし、街を破壊し尽くす精霊を、デートしてデレさせることで世界を守る役目を担うこととなった五河士道。精霊を殺すことなく、世界を守るという無理を押し通すために、『デートしてデレさせる』という設定を生み出したのは天才ではなかろうか。

原作は完結し、アニメとしては四期目。人気が出る作品には、それだけの理由があるということなので、今からでも追っかけてみてはいかがだろうか。

一巻の感想:デート・ア・ライブ 十香デッドエンド

 

本好きの下剋上

公式サイト:「本好きの下剋上」

公式Twitter:「本好きの下剋上」

本が大好きな本須麗乃が、中世レベルの技術で魔法がある異世界に転生してしまう。貧乏な家庭であったため、文字を読むこともできず、ましてや本を手に入れることすらままならなかった。それでも本が読みたい彼女は、紙の開発や商人として働いたりと下剋上していく。

主人公は本当に本が好きな狂人だと思う。

 

魔法使い黎明期

公式サイト:「魔法使い黎明期」

公式Twitter:「魔法使い黎明期」

五百年に及ぶ魔女と教会の対立は、数年前の和平によって解決した……かに見えたが、世界的には消えない魔女、教会それぞれに対する遺恨や差別意識の数々。そんな情勢の中、ウェニアス王国王立魔法学校に通っていた記憶喪失の少年・セービルは、そのあまりの成績の悪さによって、反魔女派の勢力が強い王国南部に特別実習で向かうことに。

「ゼロから始める魔法の書」の正当な続編であり、ゼロもちゃんと登場する。前作でも獣人や魔女を始めとした差別が描かれていたが、本作でもその辺りはしっかりと書いており、読ませる内容となっている。一応、前作を読まなくても理解できるよう説明がされているので、こちらから手を出しても問題はないだろう。

一巻の感想:魔法使い黎明期 劣等生と杖の魔女

 

勇者、辞めます

公式サイト:「勇者、辞めます」

公式Twitter:「勇者、辞めます」

魔王軍の進軍から世界を救った勇者レオは、その強さを驚異に感じた聖都から追い出されてしまう。人への憎しみばかり募っていく彼が次の居場所として選んだのは、なんと魔王軍だった。自分の正体を隠し、魔王軍の立て直しを図る勇者の物語。