工大生のメモ帳

読書感想その他もろもろ

【電子書籍を買うなら】Kindleどうでしょう【サービス紹介】

電子書籍を購入するサービスが大量に出回っている昨今、どのサービスを使えば良いのか思い悩んでいるという方に向けて、一つの選択肢を提示いたします。それがKindleです。

どのようなサービスなのか?

どのような利点があるのか?

そういった点を分かりやすく解説していきますね。

Kindleって何?

GAFAの一角にして、大型通販サービスのみならず、アニメや映画といった動画配信をはじめとする多くのサービスを提供するAmazon。KindleはそんなAmazonが提供している電子書籍サービスのことです。

本サービスを利用するためには、Amazonのアカウントを作成すればすぐにでも利用でき、さらに月額を支払えばPrimeReadingやKidleUnlimitedといった読み放題サービスを受けることができ、電子書籍をたくさん読むという方は、課金をしても損はしない……読み切れないくらいの膨大な、読み放題書籍を読みあさることができるお得感のあるサービスとなっている。

おすすめポイントは?

おすすめポイントは下記三点。一つずつ解説していきます。

  1. AmazonPrime
  2. KindleUnlimited
  3. 専用のデバイス

一つ目は『AmazonPrime』です。これはKindleの説明というより、Amazonに月額500円で加入できるサービスの説明になりますが。

AmazonPrimeは「送料無料」「即日配達を選択できる」「映画・アニメ・ドラマ見放題」といった特別なサービスが受けられるようになり、そのサービスの一つに「PrimeReading」というものがあります。これはPrime会員になるだけで多くの電子書籍が読み放題になるサービスで、これが他のサービスと同じように受けられるようになるお得感は、他の電子書籍サービスにはない強みといえるでしょう。

二つ目は『KindleUnlimited』という月額980円で読み放題の書籍が増えるサービスです。PrimeReadingとの違いは、その読み放題の対象となる書籍数。PrimeReadingがおよそ1000冊で、Unlimitedは10000冊以上。おおよそ10倍くらい差があり、種類も豊富です。たくさん本を読むという方は、KindleUnlimitedに入会すべきでしょう。

三つ目は『専用のデバイス』の存在です。Kindleの電子書籍を読む専門のデバイスが販売され、電子書籍を読む上で問題だった「目の疲れ」「デバイスの容量をとる」といった問題が解消されます。次々と新型が発売され、徐々に重量やサイズといった問題も解決されていき、実に読みやすいデバイスへと進化しています。

電子書籍を良く読むという方は、デバイスの購入やKindleUnlimitedといったサービスへの加入を検討されてはいかがだろうか?

電子書籍を読むには?

Kindleを利用するためには、Amazonのアカウントを作成する必要があります。そしてappleストアやGoogleストアでKindle専用のアプリ(無料)をインストールすることで購入した電子書籍をダウンロードし読むことができます。

専用のデバイスを購入した場合は、デバイス起動時にAmazonアカウントにログインすることで購入した電子書籍を自由にダウンロードすることができます。

☆最新情報

-