工大生のメモ帳

読書感想その他もろもろ

読書感想

転生したら剣でした4 感想

月宴祭が行われるというバルボラで、料理ギルドを発見した師匠とフラン。そこで近々『料理コンテスト』というものが開催されることを知ったフランは、師匠の作った世界一のカレーを広めるべく、そのコンテストに参加することにするが――。

黒の召喚士5 目覚めし魔王 感想

軍国トライセンが周辺各国への侵攻を開始し、大した戦力もない(ことになっている)パーズには、将軍のアズグラッドが率いる竜騎兵団が迫っていた。それを迎え撃つのはS級冒険者になったばかりの黒衣の『死神』ことケルヴィンであった――。

陰の実力者になりたくて!02 感想

実力者だけが参加する「女神の試練」に、参戦させられることとなってしまったシド。陰の実力者としての美学に則り、何とかして目立たず、しかし「シャドーガーデン」は活躍させる際善策を思いつく。しかしそれにより、「災厄の魔女・アウロラ」が現れ――。

骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中Ⅵ 感想

『教会に気をつけろ』という言葉を残して消滅したチヨメの兄弟子サスケ。彼の言葉の真意を探るべく、彼の辿ってきた経路を追跡していくことにしたアーク達一行。その道中、謎の不死者軍端に襲撃されているノーザン王国の姫君と遭遇し、彼女らのを助けること…

魔法使い黎明期5 新世界の使者 感想

三人がそれぞれの道を進んでから三年が経ち、セービルは魔法薬の研究を、ホルトは騎士団員としての活躍を、クドーは各地を医師団長として各地を巡っていた。そんなある日、違法な魔法薬を作っていた魔術師が、北の海の向こうにあるとされる新世界から来てい…

黒の召喚士4 無垢なる氷姫 感想

エルフの里防衛任務を達成したことで、S級冒険者へと無事に上がることとなったケルヴィン。それに当たり、盛大な式典が催され、S級の冒険者・シルヴィアとの模擬戦が行われることに。戦闘狂にとって垂涎ものだが――。

陰の実力者になりたくて!01 感想

厨二病の妄想を実現させるため鍛錬を積んでいた少年は、転生先の異世界でもその鍛錬を継続させ、「陰の実力者」設定を楽しむために陰の組織「シャドウガーデン」を作り出した。あくまで妄想の産物である「闇の教団」を倒すべく、日夜鍛錬を積んでいたが、実…

骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中Ⅴ 感想

骸骨騎士・アーク、精霊獣・ポンタ、ダークエルフの騎士・アリアン、獣耳忍者・チヨメという個性豊かなパーティに、チヨメと同じく六忍に名を連ねるゴエモンを仲間に加え、向かうは海を渡った先にあるファブナッハ大王国には、求めていたトマトだけでなく、…

転生したら剣でした3 感想

師匠とフランは、ダンジョン都市ウルムットへ向かう道中で、港町ダーズに立ち寄る。そこで島国シードランで国王の代替わりが起き、その混乱に乗じて子供をさらって密輸する組織に襲われてしまう。当然のように返り討ちにするが、ついでにさらわれた子供達の…

乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です10 感想

実家からの圧力でリオンを苦しめているのではないかと悩むアンジェは、いっそリオンとの関係を絶った方が良いのではと考え始める。リオンは自分との婚約がアンジェを苦しめているのではと悩み、彼女との関係を絶った方が良いのかもしれないと考え始める。

骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中Ⅳ 感想

骸骨騎士・アーク、精霊獣・ポンタ、ダークエルフの騎士・アリアン、獣耳忍者・チヨメという個性豊かなパーティで向かうは解呪の泉。その旅は数々の強敵との戦いの幕開けでもあった。

転生したら剣でした2 感想

フランと一緒にゴブリンが大量発生し、最深部には悪魔がいるダンジョンを攻略した師匠。しかし、未だ幼いフランが単身で攻略できたことに納得できない冒険者達が疑問の声を上げていた。そのことを重く受け止めたギルドは、フランに高難易度任務を依頼する。

黒の召喚士3 魔獣の軍勢 感想

ついに女神メルフィーナを召喚することができるようになったケルヴィン。早速召喚して仲間に女神を迎え入れる。そして新たに勇者を召喚するスキルを手に入れ、仲間に勇者を迎え入れたりと、さらにパーティが強化されていく。

天才王子の赤字国家再生術 ~そうだ、売国しよう~ (10) 感想

ウルベスにて勝手にアガタの養子となったことが批判され、しばらくの間、国内で大人しくすることにしたウェイン。そんな時、デルーニオ王国から式典への招待が届き、妹のフラーニャを向かわせることに……。

転生したら剣でした1 感想

気がつくと剣の姿で異世界に転生していた。意思はあるし、魔法も使える。魔獣を倒すことで手に入る魔石を吸収することで、次々とスキルを手に入れることを楽しんでいたのだが――。

黒の召喚士2 偽りの英雄 感想

強力な仲間を集めつつ、超強力な敵との戦闘を楽しむ召喚士・ケルヴィン。そんな彼の次のターゲットはまさかの勇者で――。

処刑少女の生きる道7 ―ロスト― 感想

陽炎とメノウの戦闘から半年。第一身分から逃れつつ、アカリを助けるための情報が四大人災・星骸の中にあると知り、接近を試みる。

骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中Ⅲ 感想

【前:第二巻】【第一巻】【次:第四巻】 ※ネタバレをしないように書いています。 無自覚世直しファンタジー 情報 作者:秤猿鬼 イラスト:KeG 試し読み:骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 III ざっくりあらすじ 囚われたエルフ族達の居場所を知ったアー…

魔法使い黎明期4 貪恋の悪魔 感想

魔法学校を卒業し、学長から正式に北の大地に生息する《災厄の残滓》の調査を命じられたセービル達。ひとまず向かうは、教会が閲覧を禁止した書籍ばかり集めた禁書館。そこには全てを見通す館長や、かつてロスが育てた男が住んでいて……

黒の召喚士1 封印されし悪魔 感想

異世界への転生権を厳正な抽選で手に入れた主人公だったが、転生前に交わした契約により前世での記憶を失っていた。どうやら一目惚れした神様と一緒に転生するために、色々と無茶をして、記憶も消してしまったらしい。

骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中Ⅱ 感想

MMORPGプレイ中に寝落ちしてしまい、目が覚めるとゲームキャラである骸骨騎士の姿で異世界に放り出されていた「アーク」。知らぬ間に王女様を助けたり、蘇生魔法を使ってしまったりと、波乱に満ちた平穏とは真逆の生活へと向かっていく。

ゼロから始める魔法の書Ⅲ アクディオスの聖女〈下〉 感想

神の奇跡で市民の病を治す聖女が、実は焼き印を入れた者達に病を移す魔法を使っていたことに気付いてしまった傭兵達一行。しかし聖女一人でこのような芸当ができるはずがない。裏にいる何者かこそが、魔法の書の写本の持ち主だと考えるが……

神達に拾われた男10 感想

遠征を終えてギムルに帰還した竜馬は、治安が悪化し実害が発生し始めていたことに危機感を覚える。それらを解決するためにと開催された経営者達が集う会議に、竜馬も参加するが、話を誘導しようとする司会者に疑いを持ち始める。

骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中Ⅰ 感想

MMORPGプレイ中に寝落ちしてしまい、目が覚めるとゲームキャラである骸骨騎士の姿で異世界に放り出されていた「アーク」。討伐対象となりうるアンデットの骸骨の姿をしていることを隠し、傭兵として目立たぬように生きていこうとするが、目の前で行われる悪…

ゼロから始める魔法の書Ⅱ アクディオスの聖女〈上〉 感想

魔法の指南書『ゼロの書』を回収するまでは良かったが、まだ複写本があるかもしれない可能性に気付く。魔法の拡散を止めるため、旅を始めた傭兵とゼロは、クレイオン共和国にて、神の奇跡で市民の病を治す聖女の噂を聞く。

乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です9 感想

ゲーム第三作における攻略対象の一人が、クレアーレの手によって性転換させられてしまった。それだけならば許容範囲(?)だったのだが、連続殺人事件や、クーデター計画が裏で動いていて……。

辺境の老騎士Ⅱ 新生の森 感想

【前:第一巻】【第一巻】【次:第三巻】 ※ネタバレをしないように書いています。 この旅に目的地はない 情報 作者:支援BIS イラスト:笹井一個 試し読み:辺境の老騎士 II 新生の森 ざっくりあらすじ 行き倒れた女騎士を助けたバルド達は、彼女に魔獣狩り…

涼宮ハルヒの驚愕(前) 感想

長門有希が熱を出して寝込んだ。情報統合思念体である彼女が、日本の冬で猛威を振るう風邪菌に負けるはずがない。これを仕組んだと思われる九曜や藤原、橘達に、佐々木を通じてコンタクトを受けたキョンは、そこで衝撃の取引を持ちかけられる。

ゼロから始める魔法の書 感想

”獣堕ち”と蔑まれる半人半獣の傭兵は、森で『魔法』を使う魔女に出会う。まだ『魔法』が世に広まっていない世界で、『魔法』の使い方をまとめたゼロの書を探しているという彼女の護衛として、彼女の道中について行くこととなった傭兵は、世界の命運を分ける…

乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です8 感想

強制的に休養を取らされることとなったリオンだったが、兄に舞い込んだ見合い話をぶっ壊すために作戦を考えることに――