工大生のメモ帳

読書感想その他もろもろ

MENU

ガンゲイル・オンラインⅠ スクワッド・ジャム 感想

※ネタバレをしないように書いています。

「キノの旅」作者が描く、本格ガンアクション

情報

作者:時雨沢恵一

イラスト:黒星紅白

監修:川原礫

ざっくりあらすじ

身長183cmの女子大生・小比類巻香蓮。自身の高身長がコンプレックスで現実世界では人付き合いがうまくできない彼女を変えたのはVRMMO《GGO》だった。

身長150cmに満たないという理想的なアバターを手に入れた彼女は、全身ピンクの戦闘服にピンクの銃を引っ提げて、GGOの世界を一人で堪能していた。

そんな彼女の前に現れた美人プレイヤー“ピトフーイ”。GGO内では中々レアな女性プレイやということもあり互いに意気投合する。二人でGGOの世界を遊び回っている最中、複数人でチームを組んで闘うバトルロワイヤル スクワッド・ジャム が開催されることになる。

その大会に参加するようピトフーイから打診される。

感想などなど

SAOのGGOの設定で「キノの旅」作者が描いた作品。SAOでは何だかんだ主人公が剣で無双している話だったが、こっちではしっかりガンアクションしている。

説明はいらないかもしれないが、GGOとはVRMMOのゲームの一つであって、近未来の銃社会がモチーフ。今現在の銃は遺跡から発掘される古代兵器として扱われ、光線銃が主流の世界である。

そんな世界を旅して、動物を倒したり、対人戦闘によって経験値や武器、お金を集め自身を強化していく。そして、《BoB》(SAOにて登場。個人によるバトルロワイヤル)のような大会に参加して力試しをする……といったゲームである。

ここら辺の設定はSAOでも説明されている。というかそのまんまだ。ちなみにキリトとシオンは登場しない。これについてはあとがきで作者自身も言っているので、ネタバレではない。

この作品ではやはりというべきか、ガンアクションのシーンが大半を占める。最初の方は主人公が身長コンプレックスを抱いているせいでコミュ障になったことや、身長の低いアバターを求めてVRMMOのゲームをやりまくっていたことなど主人公の生い立ちの説明が終わった後は、ずっっっっっっっとガンアクションが描かれている。日常は本当に少しだけだった。

主人公は大学生であるが大学生活はダイジェスト。大学生として最低限の勉強と人として最低限の食事その他を終わらせてしまえば、後は全部ガンアクション。

あぁ、こういうのが書きたかったんだなと生き生きと楽しそうに書いているのが読みながら伝わってくる。そのためなのかは知らないが、本一冊のページ数も450ページほどあってかなり多い。おかげさまで少し値段もお高い。

 

SAOのスピンオフということで、主人公はチート級に強いのではないか? 第二のイキリトが出てくるのではないか? と思っている人は少なからずいると思う。思っていない人は純粋にガンアクションを楽しんでいただきたい。

はっきりいうと主人公は強いがチート級というわけではない。

このゲーム主人公のステータスの値を増やしていって強化することができるのだが、主人公は基本的にスピードばかり上げてきている。

筋力? いや、可愛らしい武器しかもたないし。他のステータス? 最低限で良いでしょ、といったスタンスだ。

だからこそスピードだけは異常だが、他は平々凡々となっている。彼女は彼女なりにステータスを上げていただけなのであって、別に不正をしているわけでも、特別なスキルが与えられているわけではない。

 

ストーリーを楽しむ作品というよりは緊迫したアクションと登場する多種多様な銃の数々を楽しむ作品となっている。アニメではどのように戦闘が描かれるのかが楽しみだ。

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン (1) ―スクワッド・ジャム― (電撃文庫)

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン (1) ―スクワッド・ジャム― (電撃文庫)

 

 

↓次巻の感想はこちら

tokuro.hatenadiary.jp