工大生のメモ帳

読書感想その他もろもろ

MENU

魔王様、リトライ!③ 感想

【前:第二巻】【第一巻】【次:第四巻】

※ネタバレをしないように書いています。

※これまでのネタバレを含みます。

魔王様、ようこそ

情報

作者:神崎黒音

イラスト:緒方剛志

ざっくりあらすじ 

ラビ村の開発を田原達に任せた魔王は、冒険者のユキカゼ&ミカンのコンビとともに北へと向かう。目的は魔法に対抗するためだったが、監獄迷宮の奥であり得ない光景を目撃する。

感想などなど

前回は聖女ホワイトに天使の輪を授け、マダムに権限を与え、ダンディなおっさん田原を仲間に加えました。戦闘シーンはなく、ほのぼの(?)とした開発を行っていることが多かったように思います。

今回は比較的には戦闘シーンが多く、何故この世界にやって来たのか? といった謎に大きく踏み込んだ話が多く織り込まれています。そんな作品の感想をネタバレをしないように最善の注意を払いながら書いていきましょう。

 

今回は『北の地にやって来た魔王』と『村の開発に勤しむ部下達』と『魔王の思惑に右往左往する人々』の三つの視点で構成されている。それぞれ簡単に覗いていく。

まずは魔法に対抗するための道具を手に入れるべく、北の地にあるという迷宮にやって来た魔王様。彼は男の娘であるユキカゼと、大剣を振り回す女冒険者ミカンの二人を連れての旅路であり、いわば両手に花である。片方男だが、見た目からは分からないので考慮しない。

さて、この世界のことを知らない魔王と、彼を溺愛し脳内では結婚まで計画済みの乙女(?)ユキカゼと、ツンデレの代名詞ミカン、一癖も二癖もある三人の旅が平穏無事に終わるだろうか? いや、終わる訳がない。

……といっても表面上は平和である。夜這いに脅迫があった気もするが、まぁ、些細なことである。潜った迷宮の敵は魔王にとって大して強くもなく、冒険者として相当な力を持っているユキカゼとミカンの敵ではない。それに目的は迷宮の踏破ではないので、適当な所で切り上げて帰っていく。

問題はそんな旅で露骨に立っていくフラグの面々である。これまで普通に過ごしているつもりで全く普通ではない魔王様の行動は、無駄に敵を作ったり、無駄に世界を動かしたりしている。これぞ、勘違い系ファンタジーの醍醐味と言えるだろうが。

そんな平和な魔王様とは裏腹に『村の開発に勤しむ部下達』はてんやわんやである。マダムは自身に託された使命を過大解釈し、悠は魔王様に対する愛を勝手に大きくしてき、田原は次々と舞い込んでくる仕事に生きがいを感じながら魔王の策略の奥深さに身を震わせる……何というか、カオスである。

部下達が優秀だと、魔王は度々口にしているが、それは紛う事なき真実だろう。言外の意思を読み取って、仕事をこなす彼らは社会人としても立派に成果を上げてくれることだろう。確実にラビ村は都に匹敵する何かになろうとしていた。

さて、一番注目すべき『魔王の思惑に右往左往する人々』の話に移ろう。本作では敵側視点の物語も時折挟まれる。そこで敵が何をしたいのか? 目的は何なのか? が判明する訳だが、それを踏まえて物語を見直してみると、何だか可哀相になってくる。

ネタバレは避けるが、敵の作戦は全て完璧に思える。相当、頭が切れるんだろうな、と少ない描写から伝わってくる。しかし、それら全てが魔王様の手によってあっさりと崩されているのだ。魔王をライバル視することも致し方ない。

しかし、魔王は敵のことを全く見ていない。何だろう、一方的に愛を囁いているラブコメを見ている気分だ。敵のことを応援したくなったのは自分だけではないだろう。

 

今回は勘違いを加速させる布石回と言うべきだろう。なので全体的な物語の進展は薄い。今回張り巡らされた勘違いが爆発するであろう今後の物語が楽しみだ。

【前:第二巻】【第一巻】【次:第四巻】
作品の探し方

www.kurobook.net

www.kurobook.net

ブログランキングに参加しています。
下のボタンを押していただけると、ブログ主が喜びます。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

Twitterにてブログの更新情報は確認できます。