工大生のメモ帳

読書感想その他もろもろ

MENU

生徒会探偵キリカ1 感想

※ネタバレをしないように書いています。

ハイテンション学園ラブコメ・ミステリ

情報

作者:杉井光

イラスト:ぽんかん⑧

ざっくりあらすじ

生徒数8000人の超巨大学園に入学した僕・ひかげ。その生徒会を牛耳るのは、個性派揃いの三人の女の子――女好きな女会長に、全校のマドンナに、予算である八億円を握る不登校児。ひょんなことから生徒会庶務に任命され、平穏な日常を送れるはずもなく……。

感想などなど

八億円。想像しようとしてみても、全く想像できません。桁違いかな? と思って読み返すも、800000000と0が並んでいるなら間違えるかも知れませんが、漢字で八億と書かれては間違いようもありません。

さて、何の金額でしょう。正解は「生徒会予算」です。まぁ、つまりは部活などで支給されるお金のことですね。8000人(そこらの集落よりも多いですね……)もいるのですから、八億なんてむしろ足りないぐらいなのでしょうか……。

それほど多いと大変になるのが、予算の分配です。八億は使い切らなければいけませんし(余ると来年が面倒くさいし、「余った分俺によこせ」など方々が煩い)、管理は相当に大変なはずです。

その管理を行っているのが、本作のヒロインであり探偵役である聖橋キリカです。「あぁ、きっと真面目な女の子なんだろうな」と大抵の人は思うかも知れませんが、本作にその常識は当てはまりません。彼女は不登校児であり、不規則な食生活に、コミュニケーション能力が幾らか足りない女の子でした。

……といっても、会計として八億の管理はしっかりと行ってくれている様子。

そんな彼女を取り囲む生徒会の面々は、これまたキャラが濃いことこの上ありません。生徒会長は「民主主義をぶち壊す」ために民主主義によって生徒会長に選ばれた女好きの女であり、副会長は美しいながら何処かおかしい人であり、会計は上記参照……。

生徒会だけでもこの濃さでありながら、そんな生徒会を監査する監査委員会会長も、キリカに会う度にセクハラをかます女子高生で、議長は会長の元愛人で……。

出てくる女の子が皆 ”普通じゃない”。当然、そんな彼女たちと関わりを持ってしまった主人公が、平凡な学園生活を送れるはずもなく、ハイテンション学園ラブコメ・ミステリが繰り広げられていきます。

 

「この作品ってミステリ?」と聞かれれば、首を傾げつつ「そうかも知れない」と答え、「じゃあラブコメ?」と聞かれれば、表紙の女の子を見つつ「そうかも知れない」と答えます。「じゃあどれやねん」と聞かれれば「ハイテンション学園ラブコメ・ミステリ」と答えます。

学園ミステリと聞いて、大抵の人は『氷菓』を思い浮かべると思いますが、それを期待して本作を読むとがっかりしてしまうと思います。本作の大半は(伏線を交えつつ)キャラクタの紹介に裂かれています。しかもかなりのギャグ調です。

事件は起きるのですが、探偵が推理するシーンはほぼ描かれていません。気がつけば謎は解決したことになっています。本作では謎を解明することよりも、事件を解決することに重きを置いています。

ちょっと例を挙げて説明しましょう。殺人事件が起きた時、本来のミステリ小説では「どうやって殺されたか?」「誰が殺されたか?」などに重きを置いて、謎を追いかけるシーンにページを裂きます。本作の場合、「犯人を如何に罰するか」に重きを置かれているのです。

ということで、もし本格ミステリを期待しているのであれば、本作はおすすめできません。まぁ、ラノベという時点でそういう人はいないかも知れませんが。

学園ラブコメと聞いて、大抵の人は「とらドラ!」しかり「やはり俺の青春ラブコメは間違っている」を思い浮かべると思います。しかし、本作のラブコメ要素は上記二つほど強くないように自分は感じました。

まぁ、その点に関してはまだ一巻目ということもあるので、今後に期待といったところでしょう。

 

かなりのハイテンションで突き進んでいく本作。しかしながら、伏線はしっかりと張られ、キャラクターの個性を生かしながらのストーリー展開は「すごい」と言わずにはいられません。

大勢のキャラクターがひしめくお祭りのような作品でした。