工大生のメモ帳

読書感想その他もろもろ

MENU

【アニメ】「賢者の孫」第五話【感想・解説】

【前:第四話】【第一話】【次:第六話】
2019春アニメ化リスト

 

まず最初に

前話で第一巻が終わり、第二巻の内容へと突入。良い意味でも、悪い意味でも全て原作通りです。

シンはシシリーといちゃいちゃし、帝国では何やら怪しげな動きが……ようやく物語は動き出していくのでしょうか。

この作品の特徴として、『目的がはっきりしない』ということが上げられると思います。第一巻ではシンはただ生活していただけです。魔人が出てきた気がしますが、シンは特に何もしていません。たまたま鉢合わせたので、圧倒的力で叩き潰した(逃げられたけど)だけです。

さて、シンは学園での出会いや戦いを通して、何になろうとしているのでしょうか。楽しみですね。

用語・人物解説

シン=ウォルフォード

f:id:TOkuro:20190518024427j:plain

©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会
  • 刃を付け替えることができる剣の開発を依頼した。その剣が戦争で軍事利用されることとなったが、あまり気にしていないようだ。
  • 国から勲一等を授与され、賢者同様の地位を手に入れることとなる。
  • マーリン叔父さんは、現在シンが住んでいる家を与えられたりしている。シンはとりあえず勲章だけのようだ。
シシリー=フォン=クロード

f:id:TOkuro:20190518025140j:plain

©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会
  • デレデレしているが、現時点で彼女は ”この思い” が恋だということに気がついていない。
  • この国の貴族は自由恋愛が認められているため、誰と恋愛しようが、結婚しようが問題ない。ありがちな『両親に結婚相手を決められた』ということはない。
  • 自由恋愛が認められていると言っても、付き合って別れて、を繰り返すようなことはなく、お付き合い=結婚的な意味合いを持っている。
オリバー=シュトローム

f:id:TOkuro:20190518025946j:plain

©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会
  • シンとの戦いに敗れた後、帝国に戻って来ているようだ。
  • 彼自身が理性を保った魔人となることに成功している。
  • 自分は彼のことが決して嫌いになれない。これ以上はネタバレになるが、彼の今後については注目していただきたい。
ビーン工房

f:id:TOkuro:20190518033710j:plain

©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会
  • 何人もの職人が、武器などを作成し販売している。
  • 防音処理がなされているため、内部の音は外に漏れないようになっている。
  • 一階は工房、二階は生活用品売り場、三階ではアクセサリーを販売している。
魔法

f:id:TOkuro:20190518030435j:plain

©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会
  • 魔法に必要なのは『魔力を制御する力』と『使う魔法に関してイメージする力』の二つが必要となる。
  • 究極魔法研究会の面々は、『魔力を制御する力』を養い、扱える魔力の量を増やすために、魔法障壁を生み出す練習を延々と続けることとなる。
  • シンの場合、『過程を想像する』という特殊な方法により魔法を使っているため、他の人では理解できないような魔法を操ることができている。科学というものを知って理解している現代人だからこそできる芸当だろう。
ブルースフィア帝国

f:id:TOkuro:20190518030933j:plain

©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会
  • 帝国では王国を手に入れるための好機をずっと伺っている。また、軍備の拡充も怠ったことがない。まぁ、上手くいっているかは知らないが。
  • 帝国の軍備は、魔物対策を行っている人員も合わせて八万。王国の場合、他国の傭兵なども募らせてようやく届くといったところ。
  • 帝国皇帝は、帝位継承権を持つ帝国侯爵家頭首の中から選挙で選ばれる。しかし、賄賂や便宜、脅迫が横行しているため、まともな選挙が行われた試しはない。
エクスチェンジソード

f:id:TOkuro:20190518031958j:plain

©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会
  • 刃を交換し使い捨てとすることで、切れ味が落ちない剣となった。完全に実用向きな武器だと言えよう。
  • シンの場合は付与を行い、切っ先が振動することで切れ味を向上させた『バイブレーションソード』を使っている。しかし、このエクスチェンジソードには、そのような付与は行われていない。
  • この切れ味が落ちない剣は戦争で猛威を振るうこととなる。

注目すべきポイント

シシリーとシンの関係

f:id:TOkuro:20190518032749j:plain

©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

ウォシュレットに快感を覚えているマリアと、導師メリダは『シンとシシリーの関係性』について話し合う。

マリア曰く、ずっといちゃいちゃしているが、付き合ってはいないのだという。また、シシリーにとって、これが初恋であり、自分が恋していることには気がついていないようだ。

シシリーとの幼馴染みであるマリアは、さっさと彼とくっついて欲しいと思っており、シンを孫のように可愛がってきたメリダも、さっさと彼女(自分が認めた女)とくっついて欲しいと思っている。

互いの利害が一致した瞬間であった。

不穏な話

f:id:TOkuro:20190518033321j:plain

©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

アニメ視聴者は、オーグが生きているということを知っているが、シン達は知らない。太陽光を集めてぶつけた光線によって、跡形もなく爆発四散した……ということになっている。しかし、シンは『あの魔法では爆発が起こらない』ということが気にかかり、もしかしたらオーグが生きているのでは? と殿下に進言する。

そんなシンの言葉を冗談としては受け止めず、真剣に聞き入れた殿下。流石の王の器である。まぁ、だからといって、後々の展開がどうにかできる訳でもないんですけどね。

ビーン工房にて①

f:id:TOkuro:20190518034214j:plain

©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

f:id:TOkuro:20190518034331j:plain

©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

マーク=ビーンの父親が経営するビーン工房にやって来た面々。夜中までよろしくやっていたらしいオリビア=ストーンは、マリアとシシリーに連れて行かれ女子会へ。

一方、むさ苦しい男達はビーン工房へと足を運び、当初の目的(オーグの魔人騒動で行けなかった)である『刃を交換できる剣』作成のための相談を行った。どうやら、大きな問題もなく作成は行えるらしい。

具体的には、鍔にバネを利用したスライドを取り付け、柄の中の留め具と連携させ、刃が離れるようにしている。つまり離れにくく(スライドはするため、要ストッパー)、取り付けやすいような剣の作成を依頼した。殿下が準備してくれるようだ。至れり尽くせりとはこのことである。

相談が終わった後は、女子達と合流。アクセササリーを買ってあげるつもりもないくせに、欲しいアクセサリーを訊ねるという鬼畜の所業を行い、最終的にシシリーに対して指輪を買ってあげることとなる。

もはやプロポーズだろ! と突っ込みたい所だが、この世界の常識と、自分たちの常識が同じだと考えてはいけない。それに、彼らは十五歳という立派な大人なのだ。プロポーズをしたところで何もおかしくはない。

……まぁ、別にプロポーズではないのだが。

f:id:TOkuro:20190518035310j:plain

©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会
叙勲式

f:id:TOkuro:20190518035457j:plain

©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

叙勲式では国王より勲章が授けられる。受勲とは『何か大きな功績を挙げた人に対して勲章を与えること』(叙勲(ジョクン)とは - コトバンク)だ。大勢の人に囲まれながら迎えた式で国王は、「シンを政治的にも軍事的にも利用しないこと」を声高らかに宣言する。

こうしておけば、貴族達がシンを利用しようとすることは国王に背くことを意味することとなる。また貴族が勝手に利用した際にも、国王はちゃんと止めたという理由付けにもなる(これは性格の悪い自分の解釈なのでお気になさらず)。

また、これを境に大勢の人が彼のことを祝おう、一目見ようと詰めかけることとなる。本来ならば貴族達だけでなく、民衆も巻き込んだ式になってもおかしくなかったが、参加できなかったことにより、満足できなかった民衆の気持ちが抑えきれなかった……と説明されている。

高等魔法研究会

f:id:TOkuro:20190518040349j:plain

©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

シンの武器を作るだけで終わった前回の活動。今回から最強とも呼べる魔法部隊を生み出すべくシンの厳しい特訓が始まっていく。

ここではまず、魔法に対する認識の改革が行われた。具体的には、

  • 魔力制御の重要性

この世界では詠唱の工夫がまず第一に考えられていた。しかし、これまでの話からも分かって貰える通り(シンは唱えてすらいない)詠唱は関係がない。魔法においてまず大事なのは『魔力制御』の力だとシンは説明している。

大きな魔法を生み出すためには、大量の魔力を制御する必要がある(できなければ爆発したり(爆発によりリンの眼鏡が割れている)、最悪の場合は魔人化する)。しかし、学年二位の成績であるマリアですら、きちんとした魔力制御は行えていないようだ。

こういった認識が広まったのは、マーリンのせいである。マーリンが無詠唱で魔法を無尽蔵に打ち続ける様を見て、真似をしたいと思った人々は、詠唱を唱える方向に進化を遂げたらしい。マーリンやメリダが教育すればいいものを、と思うが。

f:id:TOkuro:20190518040835j:plain

©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

どうでもいいですが、シンが魔法を使って、みんなが恐れおののくシーンが面白かったですね。アニメ化して良かったと思います。何故か「ひぐらしの鳴く頃に」を思い出しました。

f:id:TOkuro:20190518043458j:plain

©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会
  • 『イメージの力』

何度も言うが、詠唱は全く意味がない。魔法を扱う際のイメージがかなり重要である。この点が、科学を知っているシンとその他の人々の間で生まれる大きな差だと言えよう。

最終的には、毎日魔力障壁をはって厚くする練習を行うこととなった訳です。

賢者マーリン

f:id:TOkuro:20190518041104j:plain

©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

シンにしか扱えなかった ”ゲート” の魔法を操るマーリン。決してシンにしか使えない魔法という訳ではなく、それなりの努力をすれば誰でも扱えるということを示したかったようだ。

実際、『太陽光を集める』『火は酸素を使って燃える』『水素の特性』などなど数多くのことを知り理解する必要がある。また、付与魔法は漢字を知らなければどうしようもない。

果たして、今後周囲の人々はどのようにシンに追いつこうと努力し、シンのことを理解しようとしてくれるのか。楽しみにしておこう。

ビーン工房にて②

f:id:TOkuro:20190518041852j:plain

©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

エクスチェンジソードは完成し、シンも気に入ったようだ。この後、シンは付与を行いバイブレーションソードとして使っていくのだろう。デザインは……まぁ、別にどうでも良かろう。

この剣を見た殿下は、軍隊に配備する許可をシンに取り付けようとする。どうやら帝国で怪しい動きがあり、近々戦争が起こるかもしれないよ危惧しているようだ。

帝国にて

f:id:TOkuro:20190518042839j:plain

©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

f:id:TOkuro:20190518041635j:plain

©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

国王達の心配している通り、帝国では怪しげな動きが見て取れる。

平民を下に見ている貴族の背後で、怪しげな笑みを浮かべる男。

王国で魔人を生み出す実験を行ったオーグと、彼の世話をする女性の姿。

そして、Cパートにて帝国が進軍を開始したことが告げられる。果たして、アニメで登場した人達の目的とは。

最後に

最後の最後で戦争が始まってしまいました。軍備に力を注ぐ帝国と、シンがいる王国の戦争の行方はどうなってしまうのでしょうか。

また、オーグ=シュトロームの目的とは?

様々な謎が存在する物語、今後の展開が気になります。では、また次週で。

【前:第四話】【第一話】【次:第六話】
2019春アニメ化リスト

 

↓自分が書いた原作の感想はこちら

www.kurobook.net

作品の探し方

www.kurobook.net

ブログランキングに参加しています。
下のボタンを押していただけると、ブログ主が喜びます。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

Twitterにてブログの更新情報は確認できます。