工大生のメモ帳

読書感想その他もろもろ

MENU

ブギーポップ・ビューティフル パニックキュート帝王学 感想

【前:第二十一巻】【第一巻】【次:第二十三巻
作品リスト

※ネタバレをしないように書いています。

※これまで(出版順)のネタバレを含みます。

美しさを求めて

情報

作者:上遠野浩平

イラスト:緒方剛志

ざっくりあらすじ

末真知子はパニックキュートとマロゥボーンに連れ回され、ブギーポップを探すこととなる。

「これ以上醜くなる前に殺す」ブギーポップと「流れていくことで美しさを増す」と考えるパニックキュートが一つの町に集まる時、何かが起こる。

感想などなど

美しい世界とは何だろうか。いや、 ”美しさ” とは何か? と考えるべきだろうか。

ブギーポップは「これ以上醜くならないように殺してくれる」と女子高生の間では噂されている。つまり。美しさとは時間の経過と共に廃れていくものであり、美には限界があると考えられているようだ。

パニックキュートの考え方は、これとは大きく異なっている。

まず彼が追求しているのは『世界の美しさ』だ。しかし、それは平和で平穏な世界という意味ではない。彼にとっての美しい世界とは、人が絶えず動き回り、固定化されない世界のことなのだ。

もっと端的に説明しよう。『巨大な帝国が生み出された瞬間、その世界は美しくなくなる』のだ。

だからパニックキュートは、巨大な帝国に恐怖と混乱をばらまく。安定して動くことを諦めた者を徹底的に排除する。

……パニックキュートの思考が理解して貰えただろうか? 分からなくても問題はない。ピニックキュートの護衛役であるマロゥボーンも、本当の意味での理解は諦めている節があるし、ブログ主も理解できているかは怪しい。

 

とりあえず、『パニックキュートはブギーポップを倒したい』ということをここでは理解しておこう。そのための協力者として選ばれたのが、博士こと末真知子なのである。

今回の物語の大半は末真和子とパニックキュートの会話で構成されている。永遠と「美とは何か?」「ブギーポップとは何か?」といった疑問に対して問答が繰り返される。

その間、ブギーポップからの襲撃が挟まれ、物語は進行していくこととなる。

ブギーポップは『世界の危機が現れた時、自動的に現れる』。今回も ”世界の危機” がやって来ているということなのだろうか。

しかし、どうにもおかしい。

まずブギーポップは今回、自ら進んで一般人を事件に巻き込んでいる。これまで、そんなことがあっただろうか。次に糸を使った攻撃を行っていない。さらに言うならば、口笛が聞こえてこない。

もしかしたらブギーポップも反抗期なのかもしれない。

 

今回の物語で注目して貰いたいのは二つ。

一つ目は『末真和子の凄さ』、これまでも十分凄かったが、事件に直接関わり解決に導いたのは今回が初めて。その辺りを踏まえて物語を読んで欲しい。

二つ目は『ブギーポップの能力の高さ』、ブギーポップは統和機構に噂としか認識されていなかった。これまで、かなり多くの世界の敵を葬り去り、世界を救っていながら、世界最大の機関に捕捉されていない(まぁ、オキシジェンが何を考えているか分かりませんが)。その辺りの情報が明るみになっている。

ブギーポップシリーズの中では、かなり短いながら、どんでん返しありで綺麗にまとまった美しい作品でした。

【前:第二十一巻】【第一巻】【次:第二十三巻
作品リスト
作品の探し方

www.kurobook.net

www.kurobook.net

ブログランキングに参加しています。
下のボタンを押していただけると、ブログ主が喜びます。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

Twitterにてブログの更新情報は確認できます。