工大生のメモ帳

読書感想その他もろもろ

MENU

【ブギーポップ】上遠野浩平作品まとめ【感想リスト】

ブギーポップシリーズで有名な上遠野浩平作品の感想が多くなってきました。作品ごとの繋がりがかなり深いシリーズであり、感想を書く上で読み返すこともかなり多いので、自分用も兼ねてリストとしてまとめました。新たに感想を書き次第追加していきます。

ついでにおすすめ作品もまとめました。

ブギーポップシリーズについて

ブギーポップシリーズを簡単に説明すると、世界を滅ぼすことのできる能力を持った(持ってしまった)人が巻き起こす事件を、ブギーポップと呼ばれる都市伝説上の存在が解決する話だ。

シリーズの特徴として、大勢の人の視点で描かれる群像劇のシステムが取られている点や、一巻ごとに(基本的に)完結しているため、どれから読んでも問題ない点などが上げられる。

しかし、世界を影で操る統和機構の存在や能力の情報が、作品で小出しにされていたり、別の作品の登場人物が出てきたりするため、出版順に読んだ方が、別作品の伏線を回収できたり、あのキャラの意外な裏の顔を知れたりするので楽しめる。

またブギーポップシリーズの特徴として、時系列のややこしさが上げられる。

例えば、出版順ではデビュー作である「ブギーポップは笑わない」が一番古いが、作品内の時系列順では「夜明けのブギーポップ」が一番古い作品となる。細かな回想シーンまで含めると、「ペパーミントの魔術師」では作品内で数年の時間が経過して、間に「ブギーポップは笑わない」を挟んでいたりするなど、さらにややこしいことになる。

「時系列順に読みたい」という方がいるかも知れないが、それは諦めて、出版順に読むことをおすすめしたい。

出版順作品リスト

現在、このブログの管理人が ”感想を書き終えた” 作品をまとめています。今後感想を書き上げ次第、リストは更新予定。

イマジネーターはPART1、PART2で完結。

エンブリオ浸蝕とエンブリオ炎生の二つで完結。

個人的おすすめ作品

読んだ作品の中から個人的おすすめ作品を独断と偏見で選定。今後更新される可能性あり。

ブギーポップは笑わない

これは外せないでしょう。伝説ともなったブギーポップシリーズの第一作。群像劇によって多くの視点から事件が描かれ、多くの思惑が入り乱れながら迎える最終章は見逃せません。多くの人を虜にしただけはある名作です。

↓自分の書いた感想はこちら

www.kurobook.net

 

ブギーポップ・イン・ザ・ミラー「パンドラ」

未来が見えるという能力を持った六人は、仲間としてささやかに能力を使って過ごしていた。しかし、世界を終わらせる少女の出現で、彼らの運命は狂い始める。

六人の少年少女の友情物語に、思わず涙がこぼれた人もいるのではないでしょうか。また群像劇という書き方が、一番ぴったりと嵌まっているのも本作な気がします。すっきりとした結末は必見です。

↓自分の書いた感想はこちら

www.kurobook.net

 

ブギーポップ・ミッシング ペパーミントの魔術師

アイスを作り、世界中に愛された緑色の男・軌川十助の生涯を綴った物語。

事件はアイスが溶けるようにあっさりと終わり、あっという間に世間に忘れ去られていく。そんな事件なのに、読んでしまえば心に残って忘れられない物語でした。

↓自分の書いた感想はこちら

www.kurobook.net

 

ブギーポップ・アンバランス ホーリィ&ゴースト

”スリム・シェイム” に導かれて世界を守る仕事をすることになったホーリィ&ゴーストの二人。最初は仕方なく従っていた二人は、正義にも悪にも染まらず、ただ淡々と、言われた通りに動いていた。

しかし、世界の敵が目の前に現れ、世界の命運を握る選択に迫られた時、アンバランスな二人は何をするのか。正義とは何か? 悪とは何か? を強く問いかけてくるストーリー。

↓自分の書いた感想はこちら

www.kurobook.net