工大生のメモ帳

読書感想その他もろもろ

MENU

アサシンズプライド2 暗殺教師と女王選抜戦 感想

※ネタバレをしないように書いています。

※今までのネタバレを含みます(一巻の感想はこちら→アサシンズプライド 暗殺教師と無能才女 感想 - 九工大生のメモ帳

戦いの火蓋は唐突に切って落とされる

情報

作者:天城ケイ

イラスト:ニノモトニノ

ざっくりあらすじ

年に一度、姉妹校との間で開催される選抜戦。

外との関わりを一切閉ざされた学園にて、巻き起こる奇妙な事件の数々。

すり替えられた代表。

メリダ=アンジェに忍び寄る黒い影。

代表として選ばれて ”しまった” メリダ=アンジェは無事に選抜戦を戦い抜くことができるのか?

クーファは暗殺者としての矜持をかけて暗躍する。

感想などなど

王道ラノベという言葉がぴったりくる本作。一巻の最後で明かされたクーファの正体が今後どのように生かされていくのかが楽しみですね。

 

さて、前回マナを解放(正確には分け与えられたことにより、マナが使えるようになったのですが)して、他の学生と同じスタートラインにようやく立ちました。

……そう、ようやくスタートライン。

無能才女の名は相変わらずで、まして学園を代表する選手なんて選ばれるはずはありません。しかし、彼女は誰かの策略によって選ばれてしまいます。

のしかかるプレシャーと疑いの目。そして、忍び寄る怪しい影。

閉鎖された学園内で事件が絶え間なく次々と巻き起こって、一気に読み進めてしまいました。まるでミステリーのような緊張感と謎も楽しめます。

緊迫感あるバトルも健在。ゲーム形式のバトルでは「さすがに負けたか?!」と最後の最後まで気の抜けない戦いが繰り広げられます。

 

アンジェは緊張しつつも、今までの努力を最大限まで生かし、格上の相手にも懸命に食らいついていきます。

一方クーファはというと……

犯人を見つけるべく暗躍します。まぁ、女性を押し倒したり(?)、女性の裸を目撃したり(?)しますが……不可抗力もとい主人公補正ということで。

こんなことを書いた後だと説得力はないかも知れませんが、クーファは(本来)クールでかっこいいです。

アンジェのために身を粉にして相手の攻撃に耐えるシーンは、正しく漢という言葉が相応しい。

あれは惚れますわ。

 

そんなバトルシーンも終わり最後の締めが、「あぁ、そう来ちゃう?」といった感じ。主人公の敵には容赦ないゲスさ加減がたまりません。

アサシンズプライド2 暗殺教師と女王選抜戦 (富士見ファンタジア文庫)

アサシンズプライド2 暗殺教師と女王選抜戦 (富士見ファンタジア文庫)