工大生のメモ帳

読書感想その他もろもろ

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦3 感想

【前:第二巻】【第一巻】【次:第四巻
作品リスト

※ネタバレをしないように書いています。

※これまでのネタバレを含みます。

平和を願う気持ちは同じ

情報

作者:細音啓

イラスト:猫鍋蒼

ざっくりあらすじ

中立都市でアリスの側近・燐に毒を盛られたイスカは、そのまま星庁へと連行されてしまう。また、帝国では星庁へ潜入する極秘任務が発令され、イスカのいなくなったミスミス率いる部隊も参加することとなった。

感想などなど

星脈噴出泉を巡った戦いは複雑な様相を呈した。

帝国軍に長年潜り続けた星庁のスパイが姿を見せた。使徒聖ネームレスとアリスの戦闘は互いに得るものがあって幕を閉じた。星脈噴出泉から吹き出すエネルギーは、当初思われたいたよりもかなり少なく、大した戦力強化は得られなかった。などなど細々とした事象の積み重ねの全てを、ここに記載することは不可能なほどに。

最後、ミスミス隊長と共に星脈噴出泉に落ちていくイスカ。そんな二人――本人としてはイスカだけだったのだろうが――を救ったのは敵国の最強の魔女アリスであったことは、どこの記録にも残らない。ただイスカの記憶に強烈に刻まれることとなるだろう。

またそれにより、痣が現れて忌み嫌う争うべき魔女となってしまったミスミス。彼女の変化が、その後の帝国にどのような影響を与えるのかは定かではない。とにかく双方にとって得ることもあり、失うものも多かった戦いであった。

そんな第二巻の争いは双方による資源の奪い合いだったが、第三巻は帝国が星庁に対して仕掛けた一大作戦の決行となる。そして、これまで十分すぎるくらい分かっただろうが、改めてイスカという男の強さを知ることができる。

 

戦場で剣と魔法が交錯する戦いを、真剣勝負というなれば、互いに中立を誓った場所にて、毒を盛るという行為は卑劣と評する他ないだろう。それをアリスはしでかした。正確にはアリスの側近である燐であるが、部下の不始末は上司の不始末である。上に立つ者の仕事は責任を取ることだというのは、ブログ主だけの認識ではないだろう。

酔った男を解放するがごとく、イスカをお持ち帰りするアリス。車内で頬をツンツンするアリス。敵国の最高戦力(捕虜ともいう)に対する扱いというよりは、愛しい彼氏にする仕草にしか見えないが、そこは気にしてはいけいないのだろう。燐としては気が気でないようだが。

捕虜という分類になるはずのイスカが連れていかれたのは、アリスの宿泊する最高級ホテルの最上階。調度品の豪華さはかなりのもので、アリスの身分の高さが伺える。そこに監視と称して、アリスと紐で繋がれたイスカ。その他、いつも通り風呂から出ると裸で室内を歩こうとしたりと、捕虜としての生活は……あれ、あまり悪くない?

 

イスカとアリスがなんかいちゃいちゃしているような気がしないでもない状況の中、帝国にて秘密任務を言い渡された面々には緊張感が漂っていた。なんと星庁内に侵入し、散々荒らしてついでにイスカを救出しようという訳である。

しかし、星庁に入ることは簡単ではない。検問では、星霊に取りつかれた証明である痣がなければ、通ることは許されないというのだ。当然だが帝国の者には痣なとない。

そのため、痣を偽称する技術を帝国は開発したのだ。

そうして潜り込むミスミス率いる部隊。向かう先はイスカがいると思われる監獄。実際はホテルでアリスの裸を見たりしていたことなど知る由もない。また、使徒聖の狙いはイスカを救出することなどではなく、監獄の地下深くに幽閉された超越の魔人 ”サリンジャー” を脱獄させることなど、もっと知るはずもないのであった。

 

これまでアリスが最強などと本ブログには書いているが、おそらく実際はそんなこと断言してはいけなかったのだろう。

始祖を倒したのはイスカとアリスの二人であるし、魔法には相性も関係するような描写もある。まぁ、大したことない炎なら凍らせてしまうアリスには、相性は関係ないかもしれないが。

今回登場した超越の魔人サリンジャーは、めちゃくちゃ強かった。第二巻にて登場した棘の星霊使いキッシングも確かに強かったが、裏に操る影が見え隠れし、どうにも強さという意味でも、個性という意味でも弱かった。だが、このサリンジャーはどうだろう。

強くなるという意思の強さ、自身の抱く欲求の大きさ……強い者が持っていて欲しいカリスマ性を兼ね備えている。彼との戦いも、ひと時も油断もできない緊張の連続だった。

アリスとのいちゃいちゃだけでなく、戦闘にも目を向けるべき第三巻であった。

【前:第二巻】【第一巻】【次:第四巻
作品リスト