工大生のメモ帳

読書感想その他もろもろ

【漫画】嘘喰い3 感想

【前:第二巻】【第一巻】【次:第四巻

※ネタバレをしないように書いています。

至高の騙し合い

情報

作者:迫捻雄

試し読み:嘘喰い 3

ざっくりあらすじ

廃ビルでQ太郎に勝利した班目獏。それにより得た賭郎会員権は、獏ではなく梶のものとなったことで、これまで命を賭けたギャンブルとは無縁だった梶が巻き込まれていくことに。だが先日の戦いを経て、獏への憧れを抱いた梶は覚悟を決めて戦いへを足を踏み入れていく。

感想などなど

Q太郎と獏の勝負は、Q太郎の全てが獏に奪われていく形で幕を閉じた。マルコという最強の暴力を逆に利用するような決着の付け方に加え、マルコという暴力と仲間になる今後の展望も見据えたような幕引きも、何から何までもが全て獏の掌の上で踊っていたような気がしてならない。いや、実際そうだったのだろう。

かつては賭郎のトップである御屋形様に挑んだ過去が明かされ、その時の敗北でも笑っていたという班目獏という男の底知れなさは、彼の強さを裏付けてくれている。勝ち続ける男というのは、そういったどこか狂った所があって欲しいと願うのは、自分だけだろうか。

そんな獏の相棒的なポジションにいつの間にか据えられていた梶君。なぜだか賭郎会員の権利は彼に委ねられ、寝て起きたら賭郎会員になっていた彼の命運やいかに。

 

ついこないだまでは借金まみれだった梶に舞い込んだ大金三千万。一般人にはバッグ一杯に詰まった三千万なんてお目にかかれる機会はない。まぁ、命を賭けたのだからそれくらいの見返りがあってしかるべきかもしれないが、大金を手にしたことなどない彼には荷が重い。それに賭郎会員という重圧までのしかかってくるのだから大変だ。

そんな彼に対し、獏は「この金すってこい」とカジノに送り出す。つまりは金を適当に使って負けてこいという訳だ。相変わらず何を考えているのか、どこまで考えているのか分からない人である。

その言葉に従って、マルコを連れてマンションの一室で開かれている裏カジノへと足を踏み入れた梶。そこはアットホーム(?)な雰囲気が売りだと聞いていたのだが、そこにいたのはアットホームとは程遠いヤクザが乗っ取った危険な香りがするカジノであった。

そこで行われるゲームはセブンポーカーという二人で行うゲーム。名前の通り七枚のカードで行われるポーカーである。

ルールとしては。

①二枚の伏せ、一枚表の計三枚のカードがそれぞれ配られる。この時、二枚の伏せは自分だけが見ることができる。

②①で配られた一枚の表カードが弱い方からBET(賭ける金額を告げる)。相手はその金額に対して、「同額を出す」「上乗せ」「降りる」を選択する。

③-1「同額を出す」を選択された場合、次のカードが配られる。

③-2「上乗せ」が洗濯された場合、上乗せ分を支払い、「次のカードを貰う」か「さらに上乗せ」「降りる」を選択できる。

④②③を繰り返し、計七枚のカードが配られた時点で、七枚の中から五枚を選び最後のBETとなる。

表に出ているカードのことだけを考えていては足元を救われる。いかに自分の手札を強く見せるか、ハッタリを通すか、相手のハッタリを見抜くか。それらギャンブラーとしての基礎的な力量が問われるこのゲーム。

梶はあっさり負ける。三千万が溶けていくのはあっという間であった。

獏さんにはスッて来い、と言われた三千万だがこのまま帰るわけにはいかない。相手がイカサマを使っているだろうことには気づいた。ここで賭郎を呼び出して、公正な勝負に持ち込み、相手の思い込みを利用して勝つ……いやぁ、すげぇよ梶。あんたは天才だ。

シンプルで分かりやすいギャンブル勝負であった。

【前:第二巻】【第一巻】【次:第四巻