工大生のメモ帳

読書感想その他もろもろ

【神達に拾われた男】Roy作品まとめ【感想リスト】

作者リスト

 「神達に拾われた男」を執筆したRoy氏の作品の内、感想を書いている作品をまとめました。あくまで、自分が感想を書いた作品を並べたということを、ご理解下さい。

Roy作品について

「小説家になろう」で連載されたいた本作が出版され、漫画も好評を博している。ジャンルとしては異世界スローライフ……とでもいうのだろうか。異世界に転生して間もなく、主人公のリョウマは三年もの間、人里離れた森の中で孤独に生きつつ、魔法の鍛錬・開発やスライムの研究に勤しみ、それらの成果を携えて、貴族という後ろ盾を得つつ、様々な商売に手を出して荒稼ぎしていく話となっている。

ブログ主的に本作の特徴は、『前世からして主人公が強すぎる』という点(拳銃を持った三人の強盗を、隙を突いてボコボコにする程度)、『目的が曖昧模糊』という点の二点を良く挙げている。巻を進むごとにスライムが強くなりすぎて良く分からなくなり、目的というか、リョウマがやりたいことが増え続けて整理が追いつかない。だが金を荒稼ぎする過程は楽しく、商売のアイデアが湧き上がっていくことで将来稼げるであろう金の大きさに読み進める手が止まらない。もしかしなくとも、ブログ主は金が好きなだけかもしれない。

2020年秋に「神達に拾われた男」アニメ化。

解説記事:第一話第二話第三話第四話第五話第六話第七話

神達に拾われた男

ブラック企業に勤めていた中年サラリーマン・竹林竜馬の生涯は、睡眠中のくしゃみで頭を打って死ぬという形で幕を閉じた。そんな彼は三柱の神に協力を求められる形で、手厚い加護をもらい受けつつ、異世界へと子供の姿で転生した。ひとまず森に籠もりつつ、スライムの研究に明け暮れることに。